加古川市 相馬眼科医院

加古川市 相馬眼科医院 オルソケラトロジー

オルソケラトロジー(Ortho-Keratology)ってどういう意味ですか?

 

角膜の形状を整える治療、つまり角膜形状矯正とでもいう治療法です。従来のコンタクトレンズとは異なり、特殊なデザインのレンズにより、角膜の形状を変化させ、近視を矯正する治療法です。

どんなレンズなのですか?

 

種の超高酸素透過性ハードコンタクトレンズです。瞼を閉じた状態で装用しますので、ハードレンズは痛くて使えないという方でも、あまり異物感を訴えることなく、装用したまま就寝できます。また、目を閉じているので、アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が目を刺激することも少ないのでご安心ください。就寝中に装用し、起床後にはずしますから日中は裸眼で生活できます。上手にケアすれば、レンズは2~3年使えます。

どんな近視でも、あるいは乱視でも治療可能ですか?

 

軽度~中程度の近視は矯正可能ですが、-6Dを超える強度の近視では難しい、といえるでしょう。
また、乱視は完全な矯正は難しいので、明らかな乱視がある方は、難しいでしょう。こういった点は、施行前の検査で、ご説明できることと思います。

毎晩、レンズを装用し続けなければならないのでしょうか?

 

2週間程は、毎晩装用します。個人差がありますが、その後は角膜の形状が落ち着けば、2日か3日に一度装用すればいいようです。ただし、装用せずに寝た翌日、翌々日と徐々に近視が戻ってきますので、継続した装用は必要です。装用を中止すると元の近視の状態に戻ります。この点が手術と異なり、この治療法の利点でもあると思います。

年齢制限はありますか?

 

手術と違い、年齢制限はありません。米国などでは近視の進行を予防する意味で、特に若年者に多く処方されているようです。コンタクトレンズが取り扱える年齢であれば若年者でも可能です。また40代、50代の方でも希望があれば、遠方、手元の見え方を考慮した処方が可能です。(老眼は治りません。)

安全性はどうですか?

 

長期的使用でも心配するような結果は報告されていませんが、定期的な診察検査は必要です。直接には目に見えないところまで、痛みもなにも無く調べることが出来る非常に性能の高い検査機器(角膜形状解析装置)を備えておりますので、ご安心してご相談ください。

この治療の欠点はありますか?

 

オルソケラトロジーレンズのお手入れと定期的検査は必要となります。近視矯正の手術と違い、角膜にレーザーを照射したりメスを入れたりしない替わりに、角膜形状が容易に変化しやすい、つまり戻りやすい、ということは、この治療の安全性、利点でもあり、欠点でもあると思います。そういったこともよくよく了解された上で、治療を受けられることが必要でしょう。

この治療を受けるにあたり、生活・仕事上の向き不向きはありますか?

 

コンタクトレンズはどうしても不調だし、人前でのメガネは絶対イヤなのだけれど、近視矯正の手術はしたくない、という方や、趣味でのマリンスポーツや、ラグビー、格闘技などの激しい運動をされる方には、向いているでしょう。ただ、治療開始後1ヶ月程は見ようとするものの周りがぼやけて見えたり、暗い場所での明かりが重なって見えたりする、ハロー、グレアといわれる症状が出ることが多いようですから、暗い場所で細かい作業をする方や、夜間に運転することの多い運転手の方には不向きかもしれません。

費用はいくらかかりますか?

 

この治療は、レンズの代金のみならず、レンズの処方にかかる検査、診察とも健康保険の適応はありません。治療開始後、レンズの代金および、3ヶ月間の薬代、検査、診察料合わせて、片眼8万円、両眼で16万円かかります。3ヶ月以降の定期検査では、検査毎に薬代など含めて、2000円のご負担がかかります。まずは1週間程度、実際に治療の効果を実感しながら、その後、正式な契約となります。
詳しくは、診察時に眼の状態をみながら説明いたします。
また、レンズの紛失・破損、作り替えにかかる費用、契約後のキャンセル料などにつきましても、ご安心していただけますよう、事前にお伝えいたします。詳しくは、直接当院受付までお申し出ください。

どのようにして受診すればいいでしょうか?

 

直接来院されるか、お電話で、オルソケラトロジー外来の予約をしてください。結膜疾患や角膜疾患など、他の眼疾患があれば、先にその治療が必要となりますことも、ご了解ください。


>前へ戻る